01 佐賀の地域ブランド「小城羊羹」の概要

「小城羊羹」は、佐賀県中央部に位置する小城市にて伝わる伝統和菓子です。その歴史は、鎖国時代に長崎・出島にて砂糖が陸揚げされたことと関わりがあります。砂糖が出島から小倉へと続く長崎街道沿いに運ばれたことで、小城市を含む周辺地域に砂糖文化が根付き、多くの銘菓が誕生したためです。様々な小城羊羹がありますが、中でも、表面が砂糖に覆われてシャリシャリした触感の羊羹が特徴的。

小城羊羹の歴史とシュガーロード|オギナビ|小城市観光協会 より

なお、その歴史から長崎街道は「シュガーロード」と呼ばれ、「日本遺産」として文化庁の認定を受けています。

(参考)
日本遺産とは|長崎街道シュガーロード:https://sugar-road.net/japan-heritage-bunka/

02 佐賀の地域ブランド「小城羊羹」に関連する知的財産情報

佐賀の地域団体商標「小城羊羹」(商標登録第5065356号)

「小城羊羹」は、地域団体商標として商標登録されています。(登録日:2007年7月27日)
これは、小城市において先人が積み上げてきた「ブランド力」が認められたことを意味するものです。これにより、小城羊羹に関わる皆様の信用維持・地域経済の活性化が期待されます。

「商標登録第5065356号 小城羊羹(おぎようかん)」特許庁HP より

商標登録されている小城羊羹は、小城市を代表する特産品。その証拠として、小城市には羊羹を模したゆるキャラ「ようかん右衛門」が存在し、そのロゴも商標登録されています。

「ようかん右衛門(ロゴ)」(商標登録第5603643号)

出願日:2013.3.25

商標登録第5603643号 より

そして小城市には、日本名水百選に選ばれた「清水川」をはじめとした清流と呼ばれる多くの川が存在し、その清らかな水を活かした鯉料理が名物です。

そのため、「ようかん右衛門」と並んで「こい姫」というゆるキャラも存在し、やはり商標登録されています。

「こい姫(ロゴ)」(商標登録第5603642号)

出願日:2013.3.25

商標登録第5603642号 より

ようかん右衛門とこい姫の出没情報については、公式Twitterアカウントを是非ご覧ください。

ようかん右衛門&こい姫【公式】|Twitter:https://twitter.com/youkanemon

03 佐賀の地域ブランド「小城羊羹」はココで購入できる!

例えば、以下の場所にて「小城羊羹」を購入することができます。
小城万彩|おぎまんさい|羊羹の通販(販売)サイト:http://www.ogi-kankou.com/netshop/index.html

小城羊羹について詳しく知りたい方は、以下ホームページもご覧ください。
小城羊羹の歴史とシュガーロード|オギナビ|小城市観光協会:https://www.ogi-kankou.com/ogiyoukan

最近の動き(2022年10月7日更新)

追って更新します。

佐賀県の地域ブランドを育てるための無料セミナーを始めました!
(2022年10月7日更新)

詳細は、以下の特設ページをご覧ください。

Uchida

Uchida

義理の両親が佐賀在住。世の中の製品やサービスに関する知的財産の情報を調査することが趣味。電機メーカー知財部&化学メーカー知財部での業務経験や趣味を活かした記事の提供を模索中。こち亀と伝統工芸が好き。弁理士試験合格(未登録)/ 観光特産士3級合格。

関連記事

  • 最新記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP